計画を立てよう

ファクタリングでの資金調達についてご説明をいたします。 ファクタリングの種類といたしましては2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在いたします。しかし、資金調達を行う際には2社間ファクタリングを利用することが多いです。またメリットについてもご説明をいたします。

資金調達には2社間ファクタリング

資金調達は状況や場面によって調達方法などは異なります。まず、資金調達が必要な場面についてここではご説明をいたします。

資金調達が必要な場面の多くは起業のタイミングになります。ご自身で会社を立ち上げたが設備費用や施設代が高くお金が足りないという場合や工事費用が支払えない、最新の機械を取り入れたいというような場合には資金調達が必要になります。また起業のタイミング以外の場面といたしましては新しい事業を展開したいといったような場合にも資金調達が必要になってまいります。
そして、資金調達はさまざまな方法が存在いたします。それぞれの調達方法によってメリットや調達までの流れは異なってまいります。最短で調達が行える方法はどの方法なのか、どの調達方法が安心できるのかなどそれぞれの調達方法の特徴などを押さえたうえで見極めて行きましょう。

また資金調達はさまざまな方法であらゆる場面などで調達を行うことができますが資金調達を行うということは返済をどこかのタイミングでしなければなりません。
資金調達をするということは最終的には返済額に利息などを足した金額を返済しなければなりません。そのため資金調達をする際には返済の計画も立てたうえで調達をしましょう。

では資金調達の前に立てておくべき計画についてご説明をいたします。
資金調達を行う前にはまずどの程度の金額を借りなければならないのかという計画を立てましょう。次にどのタイミングでいくらの返済が必要になるのかという返済計画を立てましょう。最後に調達した資金を利用した事業にどの程度の売り上げや利益がでるのかという計画を立てましょう。その際、返済金額を差し引いても利益が出るかどうかなども確認しましょう。

ビジネスローンのメリットとは

ビジネスローンでは店頭で申し込みを行う方法とWebにて申し込みを行う方法の2種類が存在致します。 それぞれ、メリットや注意点などについてご説明をいたします。またビジネスローンは事業専用のローンとなるため対象者といたしましては法人経営者もしくは個人事業主となります。

資金調達の注意点

では資金調達の注意点についてご説明をいたします。 資金調達にはさまざまな方法が存在いたします。どの方法でも詐欺のサイトなどが存在する場合があります。ここでは詐欺であるかどうかの見極めポイントなどについてご説明をいたします。それぞれのポイントをしっかりと押さえたうえで会社選びをしましょう。

△ ページTOPへ