計画を立てよう

2種類のファクタリング方法

ここではファクタリングによって資金調達を行う方法についてご説明をいたします。

ファクタリングによって資金調達を行う場合、2種類の方法が存在いたします。まず1つ目の方法といたしまして2社間ファクタリングが挙げられます。2社間ファクタリングではまず売掛金が発生し、ファクタリング会社へ売掛金を売却いたします。その後、手数料を除いた金額が支払われ資金調達を行います。そして売掛金を売掛先より受け取りファクタリング会社へ支払うというような流れになります。

2つ目の方法といたしまして3社間ファクタリングが挙げられます。3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手数料が安いという点が魅力的となります。
しかし、資金調達までは2社間ファクタリングより遅くなります。

ファクタリングの魅力

資金調達の中でもファクタリングによって資金調達を行う場合には最短即日で資金を調達することが可能となっております。
ファクタリングによって資金調達を行う場合のメリットについてご説明をいたします。

まずファクタリングによって資金調達を行う場合、審査が早いというメリットが挙げられます。ファクタリングによって資金調達を行う場合、即日で資金調達をすることができるほど審査が早いことが魅力です。さまざまな資金調達方法が存在いたしますがここまで審査が早い方法はファクタリングならではになります。
また、審査が早いことに併せて審査に通りやすいということもファクタリングの魅力となります。多くの資金調達方法が存在する中でもファクタリングの審査はどの方法よりも審査に通りやすくなっております。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ